一般財団法人 神奈川県教育福祉振興会

よくあるご質問 | 現職会員の方
人間ドック受診費用補助について <新規事業>

給付上限額は3,000円ですか。10,000円ですか。

振興会では現職会員向けと継続会員向けにそれぞれ人間ドック受診費用補助事業を実施しておりますが、現職会員向けの人間ドック受診費用補助事業の補助金額は会員一人につき、1年度一回3,000円が上限です。

抽選になりますか。

抽選にはなりません。給付要件を満たした会員の方すべてに給付いたします。

申請書の所属長印は職印ですか。

職印でも私印でも構いません。

領収書は請求書に貼り付けるのですか。

貼り付けずに同封してください。

検診内容ごとに(領収書やコースごと)に給付金がもらえますか。

補助額は会員一人につき、1年度一回3,000円が上限です。


複数受診した場合でもいずれかの検診のみとなります。

横須賀市福祉会からの補助がわかる書類の添付は必要ですか。

市町村互助会からの給付については、内容を把握していますので、添付は不要です。


市町村(行政)等からの給付については、金額等がわかる書類を添付してください。

会員本人が給付を受けないので、配偶者が受けた割引人間ドック等を請求してもいいですか。

給付対象は現職会員のみです。配偶者や家族の受診した人間ドック等は補助対象とはなりません。

フルタイム再任用です。人間ドック等を受診した場合、請求できますか。

給付対象は現職会員のみです。


再任用職員、臨時的任用職員、非常勤職員は、振興会の現職会員ではありませんので、請求できません。

人間ドックの受診費用から互助団体からの給付分を除くと2,960円になりました。脳ドックも受診しているので、合算できますか。

補助額は会員一人につき、1年度一回3,000円が上限です。


複数受診した場合は、いずれかの検診で請求してください。

受診後、今年度請求をしなかった場合、次年度に請求してもいいですか。

請求期限は受診から3年以内です。


共済組合の人間ドック受診期限が12月末となっておりますので、受診後、速やかにご請求ください。

2枚の領収書がある場合、今年度1枚、来年度1枚を添付して請求してもいいですか。

補助額は会員一人につき、1年度一回3,000円が上限です。


請求年度を変えても既に給付した年度の受診分については、給付できません。


複数受診した場合は、いずれかの検診で請求してください。

事務担当者の印は事務職員でないとだめですか。

請求者が授業中であるとき等にお話しさせていただける方であれば、事務職員でなくても構いません。

領収書ではなくクレジットカードの明細を添付してもいいですか。

クレジットカードの支払明細書は添付資料となりません。


必ず領収書を添付してください。領収書を紛失した方は受診機関に再発行してもらうか、支払証明書を発行してもらい添付してください。

カテゴリ

現職会員の方

継続会員の方

医療互助会員の方

ページの先頭へ戻る